「オリ主」ハリーポッターSSおすすめ作品まとめ「厳選8選」

初めまして、魔法使いに成りたくてたまらない、けんとです。

ハリーポッターはご紹介する必要がないほど世界的に有名なファンタジー小説ですよね。

純血派とマグルとの対立など、子供向けの小説のわりに細かいところまで設定されている世界観が、大人も魅了する要因の一つです。

ハリーポッターSSおすすめ作品をまとめて紹介します。

ネットの暇つぶしにご覧ください!

けんと
おすすめハリポタSSを紹介しています。スコップが折れた人は参考にしてください。

[SS/二次創作小説]おすすめまとめて紹介↓

関連記事

こんにちは、三度の飯より二次創作小説が好きなケントです。 私はネット小説や、やる夫スレと言ったネットの創作物が大好きです。 高校生の時、ドはまりしてから10年以上読み漁ってきました。 そんな私がネットに嵌るきっかけになったの[…]


スポンサーリンク

「オリ主」ハリーポッターSSってなに?

「オリ主物ハリーポッターSS」とは、オリジナル主人公を用いて描かれるハリーポッターの二次創作小説のことです!

けんと
原作ハリーポッターを読んでなくても楽しめますよ!

「オリ主」ハリーポッターSSおすすめ

ハリー・ポッターと野望の少女

キーワード

オリ主、女主人公、最強主人公、原作知識アリ

完結(80話)

概要

「世界を支配するのはヴォルデモートではない! この私だ!」

これは、ハリーポッターの世界に中途半端な原作知識を持って生まれた少女の物語です。

世界征服を目指し、野望のままに走る。

そんな主人公ですが、どうか最後まで付き合って頂ければ幸いです。

ハーメルン

ぶっちぎりで面白いハリーポッターSSです。

悪のカリスマ的な主人公が世界を征服するために波動を突き進みます。

最強な主人公が好きな人にはぜひおすすめです。

けんと
ヴォルデモートも裸足で逃げるほどの悪役主人公だよ。

ハリー・ポッターと野望の少女 を読む!

おすすめポイント

傲慢で不遜、他人を見下し、自惚れる最低系主人公だよ

自ら闇落ちしていき世界を支配しようとするよ

文章も読みやすい!最強の主人公が読みたいならおすすめ!


ショーン・ハーツと偉大なる創設者達

キーワード

オリ主、原作知識ナシ

概要

ショーン・ハーツは四人の幽霊に取り憑かれていた。

それぞれ名前をゴドリック・グリフィンドール、ロウェナ・レイブンクロー、サラザール・スリザリン、ヘルガ・ハッフルパフという。

ハーメルン

決して最強の主人公ではないが、ホグワーツの創設者4人と過ごすうちにどんどん成長していく様子が面白いです。

けんと
亡霊に取りつかれた主人公がホグワーツを引っ掻き回すよ。

ショーン・ハーツと偉大なる創設者達 を読む!

おすすめポイント

ホグワーツ魔法学校を作った4人が背後霊として主人公に取りつくよ

ホグワーツの創立者たちの視点から語られる話や今のホグワーツに対するツッコミが面白い

ピンチに主人公の体を乗っ取って戦う様子もかっこいい!


私は誰でしょう?

キーワード

オリ主、憑依、完結(14話)

概要

ハリーポッターのある登場人物に憑依した男が、本物になる話。

ハーメルン

正統派の小説になっています。

全14話ですっきりと読めますよ!

ちょっとした間に読むのにおすすめです。

けんと
嘘で塗り固められた原作のギルデロイ・ロックハートの話が全て現実になった話だよ。

私は誰でしょう? を読む!

おすすめポイント

原作で他人の功績を盗んだ偽りの英雄ギルデロイ・ロックハートの功績がすべて現実のものとして再構成している

ハリーの両親への恩からハリーの世話もしているよ

物語としてもクオリティが高い。終わり方が最高!


フーディーニの魔法

キーワード

オリ主、スクイブすれすれ、政治、完結(51話)

概要

僕はウラジーミル・プロップ。ドローレス・アンブリッジの秘書をやっている。僕には魔力が全然ない。

そんな出来損ないの僕にルシウス・マルフォイ氏が仕事を持ちかけてきた。「ホグワーツ魔法魔術学校へ教師として出向せよ」

この二次創作の魔法界事情は魔法省の発表する公式情報に基づいておりません。

ハーメルン

タイトルのフーディニーの魔法とは手品のインチキ魔法のこと、ルシウス・マルフォイに自分の秘密を握られた主人公は、魔法も使えないのに魔法学校の先生になる羽目になる。

政治的な根回しと弁論が得意な主人公が自分の保身と出世のためにホグワーツを駆けまわる。

けんと
魔法が使えないことを隠しながら魔法学校で魔法使いをするよ。

フーディーニの魔法 を読む!

おすすめポイント

タイトルのフーディーニの魔法とは手品のこと、インチキをして真実を隠し通すというのがこの作品の面白いところです

政治的な駆け引きが得意な魔法の使えない主人公、魔法が使えないことを隠しながら魔法学校の先生をするよ

魔法省大臣上級次官付秘書として、ガマガエルことドローレンス・アンブリッジの秘書をしている

皮肉の利いている地の分が読んでいて心地いい


ハーマイオニーと天才の魔法式

キーワード

オリ主、魔眼(アルファ・スティグマ)、完結(96話)

概要

ありとあらゆる魔法を数式のように読み取る少年 レナード・テイラー

魔法に魅せられ、その研究に全力な少年が魔法界の常識を覆す。

彼の研究がハリーや闇の陣営にどのように影響するかは誰にも分からない。

ハーメルン

複写眼(アルファ・スティグマ)は「伝説の勇者の伝説」に出てくる魔眼。

全ての魔法を解析して使えてしまうという効果だよ。

あらゆる魔法を解析し読み取る主人公が、魔法の研究を行い魔具を作ったりするチート主人公。

けんと
魔法を数式として解析できる主人公が、オリジナルの魔法を作ったり、魔具を作ったりするよ!

ハーマイオニーと天才の魔法式 を読む!

おすすめポイント

魔眼ですべての魔法を解析できるよ

魔法を解析したり研究することが大好き

ヴォルデモートさえ恐れない最強の主人公


運命がまた僕を殺しにかかっている

キーワード

逆行主人公、セブルスパパ、ギャグ

概要

無事原作を乗り越え爺になったハリーポッターの精神が、5歳のハリーポッターに乗り移ってしまう話。

子供の自分の身の安全を確保するために、リリーの息子という立場を利用しセブルス・スネイプに取り入る

ハリーを溺愛しているスネイプ先生が面白い。

けんと
スネイプが息子大好きなパパになってる様子が面白い。

運命がまた僕を殺しにかかってる を読む!

おすすめポイント

息子を溺愛するスネイプとスネイプに取り入るハリーが面白い

ダンブルドアのシナリオからどんどん外れていく


ハリー・ポッターと供犠の子ども

キーワード

オリ主、スリザリン、完結(107話)

概要

孤児のサキは火事で何もかも失った。警察に身元引受人として現れたのはダンブルドアだった。

ホグワーツに向かう途中、ハリーと友達になるがスリザリンに組分けされてしまう。

ハーメルン

主人公のサキはスリザリンに所属し、マルフォイと学園生活を共にする。

学園生活を通して多くの試練が彼女の前に訪れ、その試練を乗りこえていく。

物語が進むにつ入れて彼女の出生に対する謎が紐解かれていく

鳥肌が立つほど衝撃の話。狂気じみた愛情の話。。。

けんと
結構えぐい話だけど。間違いなく夢中になって読める!

ハリー・ポッターと供犠の子ども を読む!

おすすめポイント

伏線の作り方が上手い、話が進むにつれて明らかになる真実が鳥肌物

主人公が数々の苦難を乗り越え成長していく様子が面白い

ストーリーが面白い長編だが時間を忘れて読める

原作が家族愛をテーマにしているなら、この物語は「狂気の愛」がテーマになっている


ドロホフ君とゆかいな仲間たち

キーワード

オリ主、転生、原作知識ナシ

概要

オスカー・ドロホフは魔法使いの監獄に収監された危険な魔法使いの息子である。

そんな彼にもホグワーツ魔法魔術学校の入学許可証が届いた。

キングス・クロス駅の九と四分の三番線から魔法学校の行きの汽車が出る。

魔法学校でオスカーを待ち受けていたのは、不思議な縁で結ばれた自分とは正反対の境遇の生徒たち、そして魔法界における未だ癒えぬ戦いの記憶だった。オスカーは魔法を通じて多くの人々と出会い、成長し、自分を含めた魔法界の過去と未来に向きあっていく。

ハーメルン

魔法界の大犯罪者の息子として生まれた主人公

周りから蔑まれたり煙たがられたりするため、攻撃的な性格をしていたが、次第に守るべきものが出来たり、自身の過去と対峙することで成長していく。

主人公が人間味があって根がいいやつなので、主人公の成長を楽しめます。

けんと
鈍感ハーレムヤンデレ修羅場ってキーワードが好きな人は読むべき!!

ドロホフ君とゆかいな仲間たち を読む!

おすすめポイント

自分自身のトラウマと向き合い成長していくところがかっこいい

鈍感ハーレム物

ヤンデレに好かれて修羅場を迎えてるよ自業自得だよね


スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!