天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~「ネタバレ・感想」

どうも初めまして、けんとです。

私が実際に読んで面白かった漫画や小説を紹介しています。

今回紹介するライトノベルが「天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~」です。

けんと
戦略や外交がメインのラノベだよ。勘違い要素も入ってる。個人的に大好物。
内政や外交、戦略を駆使して国家を運営していく話が好きな人。

スポンサーリンク

天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~ ってどんなラノベ?

「こんな国、さっさと売って隠居生活だ!」完全に詰んでる国家の運営、無茶ブリされました!

「さすが殿下! これが狙いとは!」

「どこまでもついて参ります!」

「殿下!」「殿下!」「殿下!」「殿下!」

『(一体どうしてこうなった!?)』

資源も人材も兵力もない弱小国家を背負うことになった若き王子ウェイン。

文武に秀で、臣下からの信頼も厚い彼にはひそかな願いがあった。

「国売ってトンズラしてえええ!」

そう、王子の本性は悠々自適の隠居生活を目論む売国奴だったのだ!

だが、大国に媚びを売ろうと外交すれば予期せず一方的に利益を手にし、隣国との戦争で程よく勝とうとすれば大勝利。

名声は上がるが売国は遠のき、臣民はイケイケ状態で退くに退けない!?

天才王子による予想外だらけの弱小国家運営譚、開幕! 

あらすじ

ポイントまとめ

主人公は天才故に弱小国家ナトラの最善の未来は売国だと思っている。売国のために策謀を張り巡らせるがその策謀が斜め上の結果を生む勘違い要素が面白い

ナトラの摂政として無理して厳格に振舞っているが、信頼できる部下の前ではだらけてしまう

巨乳好きの主人公だが貧乳ヒロイン(笑)

天才王子の赤字国家再生術 ~そうだ、売国しよう~ おすすめポイント(ネタバレあり)

有能だけど思い通りにいかない主人公

主人公のウェインは有能です。

大陸随一の覇権国家「アースワルド帝国」に留学し、士官学校に入学した様子が描かれています。しかも、その成績は主席でした。アースワルド帝国で存分に学んだ天才ウェインだからこそ、アースワルド帝国にナトラを「売国したい」と願うのかもしれません。

そんな天才ウェインは自国を高く売りつけようと策謀を巡らせるのですが、その策謀の成果は斜め上を行ってしまいます。売国奴と罵られるどころか、国内で崇拝され他国からも一目置かれる始末。そんな状況に売国がしたい主人公は頭を抱えてしまいます。

主人公は有能だが、周りに振り回されて泥沼にはまっていく様子が面白いです。

全てが思い通りになる、主人公SUGEEEじゃないので飽きずに読めます。


勘違い要素

普段は摂政として完璧な主君を演じていますが、その本質は怠惰で、ニニムに仕事をしろとせっつかれていやいや仕事をしています。

早く売国をして悠々自適な隠居ライフを決めたいのですが、主人公の思いとは裏腹に周りからは尊敬されて泣く泣く引き返せなくなる様子が面白いです。


ヒロインのニニムは人種差別を受ける

主人公の幼馴染であり、補佐官を務めるニニムは主人公にとって気の置けない存在です。主人公の怠惰な面や売国を望んでいることを知る数少ない人物です。

ウェインはニニムの存在を表すときに自分の心臓だといいます。

ニニムの容姿は、 透き通るような白い髪と燃えるような赤い眼 、これがフラム人の特徴であるとされます。

作中でフラム人は人種差別を受ける民族として描かれます。

しかし、主人公が留学していた覇権国家 アースワルド帝国 やナトラ王国はフラム人を高官に採用したりと差別が比較的無い様子が伺えます。

しかし、山脈を挟んだ大陸の西側ではフラム人は人間扱いされずに、奴隷として扱われているようです。

政治や国家運営を主題に置いた小説だからこそ、人種差別や宗教という社会の暗い側面にしっかりと焦点を当てて描いている様子が好印象です。

今後の展開が楽しみ!


天才王子の赤字国家再生術1巻 ~そうだ、売国しよう~「ネタバレ・感想」

主人公のウェインは父から祖国ナトラの舵取りを受け継いだが、ナトラは財政、人口、軍事どれをとっても弱小国家だった。

ウェインは聡明ゆえに自国と周辺諸国との差を理解していたため、あわよくばナトラを他国に売り払い、悠々自適の隠居生活を企んでいた。

そんな折、覇権国家・アースワルド帝国の皇帝も病に倒れ、さらに後継者を指名しないまま休止してしまう。

その隙に、ウェインはアースワルド帝国に自国を高く売り込もうとが策するがその策謀は思いがけないほうに転び、稀代の名君として国内外に名声が広がっていく。

1巻あらすじ


マーデン王国に不意打ちのごとく戦争を仕掛けられたナトラ王国。

しかし、主人公のウェインはその侵略を読んでいた。

マーデン王国はナトラ王国を舐めていたため、十分な兵を動員しておらず指揮官も舐め切っていた。

伏兵を使った戦術でマーデン軍を完膚なきまでに叩きのめすよ!

ウェインの想像よりも解消してしまったことで、ナトラ軍はマーデン王国の金鉱山まで進軍してしまう。

けんと
勝ちすぎて苦労する主人公が面白いよ。有能だけど自分の思い通りにならない苦悩が描けている。

マーデン王国の権力の源である金鉱山を奪還するために、マーデン王国は本気で戦いを挑んでくる。

ナトラ軍5千対マーデン軍3万。

鉱山の籠城戦とは言えこの絶望的な戦力差を如何にして覆すのか。。。

鉱山の地形を巧みに使い、浸透することで敵の指揮官の首を取ることで勝利を収めるよ。

「1巻のポイント」主人公ウェインの心臓!?ニニムの存在

ニニムはウェインの幼馴染で補佐官です。ウェインの怠惰な本性と売国を目指している事を知る数少ない人物です。その関係を、ウェインは俺の心臓だと答えています。

容姿は、透き通るような白い髪と燃えるような赤い眼が特徴の貧乳美少女であり、人種はフラム人。

作中でフラム人は人種差別を受けている様子が描かれています。

特に、西側諸国では奴隷として扱われるのが常識となっているようです。つまり、人間扱いされていない。

その原因の一つが西側諸国で信仰されている「レベティア教」という宗教の教義です。

実際に、マーディン軍との戦でも相手の指揮官や登場人物がフラム人であるニニムに対して差別的な発言がされていました。

しかし、ニニムを侮辱したものをウェインが許すことはないといい、自らの手で殺してしまいます。

ニニムが安心して暮らせる世の中にするためには東側主導で大陸を統一する他なく、西側に対しては一歩も引くことが出来ない。

今後どのように展開をしていくのか楽しみなライトノベルです!

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!