「小説家になろう」異世界転生マンガおすすめ「厳選10選」

みなさんこんにちわ。

異世界に転生した時の自分を想像して現実逃避をすることが日課のけんとです。

異世界マンガというジャンルをご存じですか?

異世界を舞台にしたマンガの総称で、よく小説家になろうを原作とした漫画がそう呼ばれます。

私は、小説家になろうが大好きでよく読んでいたので、好きだった小説がノベライズされたり漫画化されたら自分の事の様に喜んでいました。

しかし、絵が汚かったり、原作のほうが面白かったりするパターンもあったりします。

けんと
小説家になろうが原作の漫画を、下調べをせずに購入するのは博打かも!!

そこで、実際に読んでみて面白かった小説家になろう原作の「おすすめ異世界マンガ」をまとめて紹介します!!

ぜひ購入するときの指針にしてくださいね。。。。

スポンサーリンク

「小説家になろう」異世界マンガおすすめ10選

「 小説家になろう 」異世界転生マンガ「バトル」

転生したらスライムだった件

キーワード

最強主人公、異世界転生、人外主人公、建国

概要

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!

え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。

出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?

そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。

小説家になろう 転生したらスライムだった件

スライムという一見くそ雑魚キャラに転生した主人公が、相手を食べて能力を奪い取る能力「捕食者」あらゆる物を解析する能力「大賢者」という2つのチート能力を使って異世界で暴れる物語だよ。

この漫画の面白いところは、主人公はもちろんチートだけど仲間もどんどん強くなっていくところです。

この世界の魔物同士では、格上の魔物が格下の魔物に「名前」与えることで自分の魔力を分け与えパワーアップをすることが出来ます。

主人公はゴブリン、オーガと仲間を増やしていき仲間に名前を付けていくことで、仲間と共にどんどん強くなっていきます。

主人公だけではなく、仲間も成長していくところが魅力的な漫画です。

この話は小説家になろうの無料版の小説や商業版の小説を読みましたが、一番漫画版が読みやすいです。

漫画の絵も非常にきれいでコマ割りにも違和感がなく非常に読みやすい内容になっています。

けんと
マンガ版が一番面白かったですよー。
絶対おすすめです!!

おすすめポイント

主人公が超絶チート仲間から頼りにされる様子がたまらない

主人公だけでなく仲間もどんどん成長する

建国をして国を作るところも面白い

web小説、ラノベよりも漫画版が一番面白い!!


幼女戦記

キーワード

最強主人公、異世界転生、WWⅡ風、勘違い

概要

幼女は、神を、信じない。

超合理主義エリートサラリーマンが転生したのは、なぜか幼女だった!?

魔法と小銃の入り乱れる異世界で、軍での出世&安全な後方勤務を目指すが、なぜかエースとして祭り上げられ……?

BOOK WALKER 幼女戦記

異世界のドイツ風の国家に転生した主人公。

主人公は神を信じていなかった。

信仰心を持っていない主人公を快く思わない神によって転生させられる。

幼女という肉体的に弱い存在でありながら、戦争の前線に追いやることで信仰心を持たせようとする神の思惑により、主人公は前線に追いやられていく。

出世して後方で働きたい主人公は前線で結果を出すが、そのたびにより激しい前線に送り出されていく様子に勘違い要素があって面白い!!

原作の小説は重厚な文章が特徴的、面白いけど少し敬遠してしまう人がいるかもしれません。

漫画版は絵が美しく、小説よりも話のテンポが良いため読みやすいです。

戦争中の息の詰まる会議など、小説の雰囲気を余すことなく描けています!!

おすすめ!!

けんと
出世して前線から離れたい主人公と前線で信仰心を持たせたい神との戦いが面白いね!

おすすめポイント

合理的でチートな主人公が活躍していく様子がかっこいい

戦場で戦いたくない主人公が、戦闘狂だと周りから勘違いされる様子が面白い

漫画版は小説よりもテンポよく読める


盾の勇者の成り上がり

キーワード

異世界転生、ざまぁ、成り上がり、最強

概要

盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。

冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。

他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……

小説家になろう 盾の勇者の成り上がり

仲間に裏切られて誰も信じられなくなった主人公の尚文は、一人で冒険しようとするが、盾しか武器を装備できないため雑魚敵にも勝てない。

八方ふさがりの尚文は、奴隷を仲間にする。

徐々に盾の能力を開放していき、自分を裏切った仲間を見返していくよ。

アニメ化もした大人気小説!

漫画版はとにかく絵が綺麗。

女性キャラをかわいく書けている点もポイントが高い。

けんと
アニメも面白かったよね!
なろう小説で大成功している漫画だよ

おすすめポイント

虐げられた主人公が見返していく様子が面白い

心を閉じた主人公が徐々に仲間を信頼していく

絵が綺麗、女の子をかわいく書けている


転生したら剣でした

キーワード

最強主人公、異世界転生、人外主人公

概要

気付いたら異世界でした。

そして剣になっていました……って、なんでだよ!

目覚めた場所は、魔獣ひしめく大平原。

装備してくれる相手(女性限定)を求めて俺が飛ぶ。

魔石? 吸収したらスキルを入手?

これは楽しくなってきたぞ!

ヒャッハー、魔石よこせ!

はい、冗談です。でも、魔石はいただきます。

これは、異世界転生したら何故か剣になってしまった、ただのモブオタの物語。

小説家になろう  転生したら剣でした

気付けば剣になっていた主人公は、魔法の力で魔物を倒しどんどん強くなっていきます。

ある時奴隷の少女に出会われた主人公は、少女と行動を共にしていく!

冒険者としてどんどん成長してく少女と少女を支える主人公の関係がたまらない!

主人公を装備した少女が超強い!

最強要素がありつつも、少女自身が主人公の力に慢心せず成長していく様子が超面白い!!

漫画版は絵が綺麗でコマ割りも上手、テンポよく読めます。

けんと
主人公を装備した少女がとてつもなく強い!最強要素アリ。

おすすめポイント

剣に転生したチート主人公が、幼女を魔改造する話し

最強の力を手に入れた幼女だけど、剣の力に頼り切らず自分で強くなろうとするところがかっこいい!

原作より面白いかも(笑)


ナイツ&マジック

キーワード

最強主人公、異世界転生、ロボット

概要

メカヲタ社会人が異世界に転生。

その世界に存在する巨大な魔導兵器の乗り手となるべく、彼は情熱と怨念と執念で全力疾走を開始する……。

小説家になろう  Knight’s & Magic

ロボット大好きな天才プログラマーの主人公が異世界に転生する。

その世界では魔法が存在し、魔法を動力としたロボットも存在していた。

ロボット大好きな主人公は、有り余る情熱と執念、そして天才プログラマーとしての知識で異世界を無双していく。

魔法やロボットの操作をプログラマーとしての知識を使うというチートがそう快感があっていい。

ロボットを手探りで開発していく様子も見ててワクワクするよ

やっぱりロボットは外見がかっこいいので、コミックのほうが面白いです!

けんと
自作のロボットで無双し行く様子がワクワクするよ

おすすめポイント

主人公が超絶チート仲間から頼りにされる様子がたまらない

主人公だけでなく仲間もどんどん成長する

建国をして国を作るところも面白い

web小説、ラノベよりも漫画版が一番面白い!!


陰の実力者になりたくて!

キーワード

異世界転生、最強主人公、中二病、勘違い

概要

どこにでもいる平凡な少年は、異世界で最高峰の魔剣士だった。

彼の名はシド。

『陰の実力者』に憧れる転生者である。

彼は実力を隠して学園に入学し、理想の『陰の実力者』になるため暗躍する。

これは、おバカな夢を真面目に叶えようとする少年の物語。

小説家になろう 転生したらスライムだった件

最強の陰の実力者にあこがれていた主人公が、異世界に転生して実際にどんどん最強になっていくという話。

現実世界にいたころから、格闘技をしたりと強くなっていたが、「国家相手に一人でも勝っててしまうくらいの強さ」が欲しい。

という意味の分からない理論で鍛えていた。

そんな、頭のおかしい主人公に魔法を与えてしまうととんでもない事になってしまう。

中二病満載の「ギャグ漫画」の要素や、主人公の行動を勘違いした周りから崇められるという「勘違い物」の要素、「ダークヒーロー的」な要素など幅広い面から楽しませてくれる物語。

けんと
主人公の行動を周りがどんどん勘違いして話が大きくなっていく様子が面白い。

おすすめポイント

ホントの最強主人公、この主人公が苦戦するところを想像できない

どんどん、周りから勘違いされる。主人公が崇められていき、主人公だけ話についていけてないところが面白い

厨二感満載の主人公の性格が面白い

魔法の演出がかっこいい!


「 小説家になろう 」異世界転生マンガ「内政」

淡海乃海 水面が揺れる時

キーワード

主人公転生、戦国時代、内政チート、下克上

概要

戦国時代、近江の国人領主家に男子が生まれた。

名前は竹若丸。

そして二歳で父を失う。

その時から竹若丸の戦国サバイバルが始まった。

竹若丸は生き残れるのか? 家を大きく出来るのか?

小説家になろう  淡海乃海 水面が揺れる時

弱小国人領主家に生まれた主人公。

このまま史実通りに進めば、家が滅亡してしまう。

そんな中主人公は家を存続させる、織田信長が上洛の際に無視できない存在になっておくことを目的行動を起こします。

主人公が、現代チートを使いながら家を大きくしていく内政チート物の話です。

しかし、内政チートがメインではありません。

内政チートを行い大きくなった家で、この戦国の乱世をどんな舵取りを行うのか?

という外交や政治がメインの話です。

しかも、歴史知識が無くても読みやすく書かれており、めちゃくちゃ面白いです。

誰もが楽しめる内容になっています。

漫画版もしっかりと深い内容まで分かりやすく書かれています。

絵もきれいですが、原作の内容をそのまま伝えられている。書き方に脱帽です。

けんと
内政チート物が好きな人はもちろん読んでますよね?

おすすめポイント

内政チートで終わらず、その後の外交や政治的駆け引きがメイン

絵が綺麗で夢中で読めてしまう

弱小国人からどんどん下克上していく様子が面白い!!

なろう系での内政チート物の話で一番好き!!


本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~

キーワード

異世界転生、現代知識チート、商業、内政チート

概要

本が好きで、司書資格を取り、大学図書館への就職が決まっていたのに、大学卒業直後に死んでしまった麗乃。

転生したのは、識字率が低くて本が少ない世界の兵士の娘。

いくら読みたくても周りに本なんてあるはずない。

本がないならどうする? 作ってしまえばいいじゃない。目指すは図書館司書! 本に囲まれて生きるため、本を作るところから始めよう。

小説家になろう  本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~

中世のヨーロッパ風の異世界に転生したマインは、兵士の娘として転生する。

マインは極度の本好きだったが、本は高価すぎて庶民では手が届かない。

本が無いなら本を作ってしまえばいいじゃないという事で、本を作ることを目指します

中世ヨーロッパの衛生面での汚さや不便さを解消するために、現代知識を使って様々な物を発明する。

しかし、そのたびに身分制度やギルドと言った既得権益が壁となって立ち塞がるなど、よくある内政チート物とは違って、主人公が試行錯誤していく様子が面白い!

現代チート、内政チート物の話が好きな人におすすめ!

けんと
「悪戦苦闘していくからこそ物語は面白いんだ」って思わせてくれる話だね。
 

おすすめポイント

異常な本への愛から自分の道を突っ走っていく様子が面白い

現代知識を使って様々な物を生み出し、そのたびに騒動が生じる

チート知識を使うけど決して順調に物事は進まない。予想外のトラブルが生じるところが面白い


「 小説家になろう 」異世界転生マンガ「料理」

とんでもスキルで異世界放浪メシ

キーワード

異世界召喚、使い魔最強、料理

概要

異世界召喚に巻き込まれた俺、向田剛志(むこうだ つよし)。

ステータスの鑑定で俺以外の3人の召喚者は職業欄に『異世界からやって来た勇者』となってるのに、俺だけ『巻き込まれた異世界人』となっていた。

スキルも聖剣術とか聖槍術とか聖魔法とかいろいろすごいのがそろっている。

それなのに俺のは固有スキルで『ネットスーパー』だけだった。

戦闘スキルじゃない俺はすぐさま役立たず的な扱いに。

しかも、召喚した国の王様の言い分がいかにも胡散臭い。

ネット小説を読むのを趣味にしていた俺は、諸々を総合した結果『ダメだ。これはあかんタイプの異世界召喚だ。』という結論に至った。

そして俺は召喚されたその日のうちに何やかや言いくるめて城から逃げ出したのだった。

小説家になろう  とんでもスキルで異世界放浪メシ

主人公「向田剛」はネットスーパーという戦闘向きではないスキルを持って異世界に召喚された。

異世界にネットスーパーで買える食材を召還できるというスキルで、主人公はその食材を使い料理をする。

その味に魅了されたフェンリルを契約魔物にしてしまったことから主人公の冒険は徐々に破天荒な物になっていきます。

「とんでもスキルで異世界放浪メシ」の魅力は何といっても思わず唾を飲み込んでしまう程の美味しそうな料理です。

美味しそうな料理やかっこいい契約魔物を絵で楽しめる漫画版がおすすめですよ!

けんと
深夜に読むとホントに飯テロですよ(笑)

おすすめポイント

主人公ではなく周りの契約魔物が強すぎる

ネットスーパーという便利スキルを異世界で使いこなす様子が面白い

読んでるとおなかがすいてくる

漫画版も小説版も面白い!!


異世界居酒屋「のぶ」

キーワード

お店が異世界と繋がる?、料理、飯テロ!!

概要

古都アイテーリアの裏路地に繋がった、居酒屋「のぶ」。

異世界の住民達は、馴染みのない異国風の料理と冷えた「トリアエズナマ」のあまりの美味さに次々と虜になっていくのだが…!?

異世界グルメファンタジー開幕!

Book Live 異世界居酒屋「のぶ」

どこにでもある居酒屋。

しかし、入り口は異世界アイテーリアに裏口は日本に繋がっている。

日本の居酒屋の料理で異世界の人々を魅了していく話。

この話の魅力は何と言っても、日本の居酒屋のメニューを知らない人たちが、唐揚げや生ビールを食べて感動する様子が最高に面白い!

居酒屋の料理を通じて、アイテーリアで起こる問題を解決したり、食材の入手ルートが問題になったりと本格的なストーリーが飽きさせない!!

漫画版の魅力は美味しそうな料理を絵で楽しめるところです。

けんと
日本の美味しい料理を食べて喜んでくれている人を見ると何だかうれしいですよね!!
 

おすすめポイント

異世界の人々が日本の料理を食べて喜んでいるのが嬉しい

アイテーリアで起こる問題を料理を通じて解決していく様子が面白い

料理がメインの話だけど、ストーリーもしっかりしていて飽きさせない

深夜に読むと飯テロくらいます(笑)


スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!