「小説家になろう」主人公最強ネット小説おすすめ作品厳選紹介!!「厳選10選」

はじめまして、けんとです。

小説家になろうの中でも、主人公最強小説は昔から根強い人気があります。

他の誰もが勝てないような強者が、自分勝手に生きる様子は、しがらみばかりの日本人にはたまらいのかもしれません。

一方で、すごく流行ったせいか最強系主人公の小説が乱立してしまい、似たような設定の単調な作品が増えてしまったせいか、いつしか「なろう系」なんて揶揄されるようにもなってしまいました。

けんと
主人公最強小説って何も考えずに楽しめるよね

面白いジャンルですが、面白い小説を見つけるまでが一苦労ですよね。

そこで、なろう読み専歴15年の私が、おすすめ最強主人公なろう小説をまとめて紹介します。

ネットでの暇つぶしに読んでみてくださいね。

スポンサーリンク

主人公最強web小説おすすめ

陰の実力者になりたくて!

キーワード

転生、主人公最強、勘違い、商業?

概要

どこにでもいる平凡な少年は、異世界で最高峰の魔剣士だった。

彼の名はシド。

『陰の実力者』に憧れる転生者である。

彼は実力を隠して学園に入学し、理想の『陰の実力者』になるため暗躍する。

これは、おバカな夢を真面目に叶えようとする少年の物語。

小説家になろう 陰の実力者になりたくて! あらすじより引用

現実世界で、陰の実力者にあこがれた主人公は、陰の実力者になるためにひたすら修行に打ち込んでいた。

彼の望む力とは、武装された軍人に囲まれても全てを返り討ちにし、核兵器が頭から落ちてきても生きているような存在

そんな彼は、魔法のある異世界に転生をすることで、陰の実力者になる機会を得る

魔法を得たことで、主人公は自分の望む陰の実力者になっていく!

主人公は、最強で彼の力の底はまだ誰もしらない。

けんと
主人公は例え国家が相手だとしても勝ってしまう存在を目指しているよ。最強だね!

おすすめポイント

主人公が負けるところを想像できないような最強主人公

自分の想像する陰の実力者の設定に沿った意味不明な言動や行動をするが、周りの勘違いにより主人公は尊敬される

主人公の視点では勘違い物のギャグ要素があり、周りの視点で見ればシリアスな主人公最強物、1度で2度美味しい話


転生したらスライムだった件

キーワード

転生、主人公最強、建国、人外主人公

概要

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた!

え?…え?何でスライムなんだよ!!!などと言いながらも、日々を楽しくスライムライフ。 

 出来る事も増えて、下僕も増えて。ゆくゆくは魔王でも目指しちゃおうかな?

 そんな、どこかずれた天然主人公の異世界スライムライフです。

小説家になろう 転生したらスライムだった件 あらすじより引用

ゲームの様なステータスが存在する世界で、スライムに転生してしまった主人公。

主人公を補佐するチート能力「大賢者」と相手の能力を自分のものにする「捕食者」によって、最弱のスライムから魔王へと成り上がっていく。

この世界では、名前を付けることが親愛の証であり、強者から力を分け与えられるような意味合いがあり、主人公がゴブリンや狼達に名前を付けることで、自分自身の勢力を増やしていく様子も面白い。

けんと
他人や事象を解析する能力と相手の能力を吸収する能力が凶悪だね!

転生したらスライムだった件 を読む!

おすすめポイント

初めからかなり強い主人公だが、チート能力によりどんどん強くなっていく

主人公が強くなるにつれて主人公の周りの仲間もどんどん強くなっていく様子が面白い

自分の国を作り勢力をどんどん広げていく様子も面白い


失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~

キーワード

転生(異世界から異世界)、主人公最強

概要

とある世界に魔法戦闘を極め、『賢者』とまで呼ばれた者がいた。

彼は最強の戦術を求め、世界に存在するあらゆる魔法、戦術を研究し尽くした。 

そうして導き出された結論は、『自分の体は魔法戦闘に向かない』という、あまりにも残酷なもの。 

それでも彼は諦めなかった。

彼は自らの魂を魔術に封じ、遙か未来に生まれ変わる。 

そこで彼が見たものは変わり果てた世界と、信じられないまでに低レベルな魔法理論だった。

小説家になろう  失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~  あらすじより引用

自分自身に与えられる紋章によって、魔法の使い方が決まってしまうそんな世界。

主人公は第一紋という、戦闘には向かない紋章を手に入れてしまった。

修行に明け暮れた主人公は、世界有数の戦闘力だったが、紋章を変更することは出来ないため、自分の納得する強さになることが出来なかった。

そのため、転生することで、新たな紋章を手に入れる

しかし、転生した時代は、主人公の時代で最弱とされていた第一紋がもてはやされ最強のはずだった第四紋が失格紋と呼ばれるようになっていた。

生まれた時からチートの主人公が、間違った魔法理論が広まってしまった理由を調べたり、正しい魔法理論を周りに教えたりする話。

けんと
主人公の強さに理由があるから面白いよ!

失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~ を読む!

おすすめポイント

転生する前でも、世界有数の魔法使いだったが、転生してさらに強くなった

主人公が最強なだけでなく、魔法理論のレベルが下がったことにより、相対的にさらにチートになる

強いだけでなく、間違った魔法理論が広まった理由を調べたり、国の危機を救ったりするよ


転生したら剣でした

キーワード

転生、人外主人公、主人公最強

概要

気付いたら異世界でした。そして剣になっていました……って、なんでだよ! 

目覚めた場所は、魔獣ひしめく大平原。装備してくれる相手(女性限定)を求めて俺が飛ぶ。魔石? 吸収したらスキルを入手? これは楽しくなってきたぞ! ヒャッハー、魔石よこせ! はい、冗談です。でも、魔石はいただきます。

これは、異世界転生したら何故か剣になってしまった、ただのモブオタの物語。

小説家になろう  転生したら剣でした  あらすじより引用

剣に転生した主人公は、念動力を用い自分で空を飛び魔獣を狩ることでレベルアップとスキルを集めていく、次第に強くなっていくが。

魔法が使えない土地に誤ってきてしまった主人公は、自分の力では身動きが取れないようになってしまった。

そこで、ヒロインの奴隷の少女と出会う。

冒険者としては駆け出しの奴隷少女とチート魔剣が協力しながらバッタバッタと敵を切り裂いていく話。

けんと
最強の剣になった主人公を使う女の子のがどんどん強くなっていく様子が面白いよ!

転生したら剣でした を読む!

おすすめポイント

スキルが豊富で強すぎる魔剣と、駆け出しの冒険者の少女とのコンビが最高

魔剣を使うことで少女は、様々なスキルや魔法を使いこなす様子がかっこいい

少女は周りから天才だともてはやされるが、自分自身の力ではないともっと強くなりたいと言っている姿がかっこいい


タナカの異世界成り上がり

キーワード

転生、主人公最強、勘違い

概要

成績優秀、運動神経抜群、美形でありながらちょっと鈍感な高校生|剣崎神威《けんざきかむい》は青春真っ盛りの学園生活を送っていた。

そんなある日、異世界にあるプリン王国の魔術師たちによって勇者として召喚されてしまう。

これは様々な国難に立ち向かう異世界に召喚された勇者カムイの物語……ではなく、かの召喚に巻き込まれ異世界に放り出されてしまった若干厨二病ぎみのオッサン田中太郎(仮)の物語である。

小説家になろう タナカの異世界成り上がり あらすじより引用

巻き込まれたおっさんのステータスのすべてのパラメーターには「 1.0e13 」と書かれていた。(1.0e13=1兆)

プリン王国の人間はおろか、本人さえもそのステータスの意味に気が付いていない主人公は、勇者パーティから追い出されてしまう。

このままでは、赤ちゃんにも負けてしまうと勘違いしてしまった主人公は、あらゆるものにビビり逃げまどいながら異世界を旅していく。

けんと
主人公のオッサンの性格がホントにいい!面白いよ!

タナカの異世界成り上がり を読む!

おすすめポイント

とんでもなく最強な主人公は、自分の力を生まれたての赤ちゃんよりも弱いと勘違いしている様子が面白い

おっさんの主人公が面白い

主人公は気が付いていないが、人知れず異世界の問題を解決していく


駆除人

キーワード

転生、主人公おすすめ

概要

害虫駆除をしていた男が異世界でも害虫駆除をする話。

前世の知識を活かし魔物駆除を生業とするナオキ・コムロだが、弱い魔物だけ駆除するといっても数が普通ではない。順調に収入を得られるようになり、薬屋の二階に腰を落ち着けた頃、彼はある異変が自身に起きていることに気が付く。

小説家になろう 駆除人 あらすじより引用

主人公は、害虫駆除を生業としていた。

異世界に転生してからも、前世の害虫駆除や害獣駆除のスキルを活かし

害虫や害獣を駆除するように、魔物の特性や住処を調べ、毒や罠を用いて根絶やしにする。

レベル制ステータスの存在する世界で、それだけ多くの魔獣を倒すともちろんレベルもそれなりに上がっていく。

魔獣を駆除していくうちに気が付くと最強の存在になっていた。

けんと
モンスターと戦うのでは無くて殺すことに特化している主人公。ある意味で一番凶悪かも(笑)

駆除人 を読む!

おすすめポイント

冒険や戦闘をするわけではないが、魔獣の特性や習性を利用し、安全に魔獣の駆除を行う

主人公の性格がまったりしているため、ほのぼのとした雰囲気で物語が進む



とんでもスキルで異世界放浪メシ

キーワード

転生、仲間が最強、料理

概要

異世界召喚に巻き込まれた俺、向田剛志(むこうだ つよし)。

ステータスの鑑定で俺以外の3人の召喚者は職業欄に『異世界からやって来た勇者』となってるのに、俺だけ『巻き込まれた異世界人』となっていた。

スキルも聖剣術とか聖槍術とか聖魔法とかいろいろすごいのがそろっている。

それなのに俺のは固有スキルで『ネットスーパー』だけだった。

戦闘スキルじゃない俺はすぐさま役立たず的な扱いに。

しかも、召喚した国の王様の言い分がいかにも胡散臭い。

ネット小説を読むのを趣味にしていた俺は、諸々を総合した結果『ダメだ。これはあかんタイプの異世界召喚だ。』という結論に至った。

そして俺は召喚されたその日のうちに何やかや言いくるめて城から逃げ出したのだった。

小説家になろう  とんでもスキルで異世界放浪メシ  あらすじより引用

戦争や政治に利用されるタイプの転生だと気づいた主人公は、「ネットスーパー」という戦闘には使えないスキルだということで城の外に出られた。

「ネットスーパー」というスキルは、異世界の通貨があればネットスーパーで売っているものをどこでも買うことができるというものだった。

しかし、それだけではなくネットスーパーの食材を食べた人はステータスが上昇するというバフ効果もあった。

けんと
主人公の使い魔がどんどん強くなっていくよ。料理系の小説を読むとおなかがすいてダメだね(笑)

とんでもスキルで異世界放浪メシ を読む!

おすすめポイント

主人公が強いわけでなく主人公の仲間が強すぎる

ネットスーパーの食材だけでなく、異世界で狩った魔獣も料理する。それがとてもおいしそう

異世界を旅しながら行商をしていく


賢者の孫

キーワード

転生、主人公最強

概要

あらゆる魔法を極め、幾度も人類を災禍から救い、世界中から『賢者』と呼ばれる老人に拾われた、前世の記憶を持つ少年シン。

世俗を離れ隠居生活を送っていた賢者に孫として育てられたシンは、前世の記憶もあり賢者の技術を尽く吸収し、自らも魔法を開発出来るまでに成長した。

「あ、常識教えるの忘れとった」

常識外れに成長してしまった孫に世間一般の人間のレベル、世間の常識、そして人付き合いを教える為、アールスハイド王国王都にある『アールスハイド高等魔法学院』へ入学させる。

小説家になろう  賢者の孫  あらすじより引用

自分で魔法を作ったり、魔道具を作ったりする主人公。

主人公の作った魔道具は強すぎて、国宝になってしまうほど。

そんな隔絶した強さを誇る主人公が、魔人と戦ったりハーレムを作ったりする。

けんと
転生最強主人公というジャンルは、この小説んためにあるといえるほどの、テンプレ転生最強物。

賢者の孫 を読む!

おすすめポイント

主人公がその世界の他の住人とは隔絶した強さを持っている

主人公の周囲の女の子は主人公のことが大好き、しかし主人公はそのことに気付かない鈍感ハーレム物


無職転生 - 異世界行ったら本気だす –

キーワード

転生、主人公最強、性格が初めはクズ

概要

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。

彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

小説家になろう  無職転生 - 異世界行ったら本気だす –  あらすじより引用

完璧な主人公ではなく前世が引き籠りがちだったこともあり、人格には問題がある。

序盤はクズな主人公だが、物語の進行に従い人間性も次第に成長していく。

物語が進むにつれて、巨悪に立ち向かうという目標もでき、中盤から終盤にかけて物語が佳境になるにつれてどんどん面白くなっていくよ!

けんと
小説家になろうで昔からの大人気小説だよ!

無職転生 - 異世界行ったら本気だす - を読む!

おすすめポイント

引き籠りだった前世の影響を受けついた、性格がゆがんだ主人公

物語が進むにつれて、主人公が成長していく姿がいい


ネクストライフ

キーワード

転生、主人公最強

概要

山田隆司は雪山で命を落とした──と思ったら、見知らぬ場所にいた。

どうも、ゲームの中の世界らしい。

その割には知らない事が多いけど……困惑しつつも、最強クラスだった能力を保有していた事に安堵し、何とかなるかと楽天的に捉えた

高位の魔法使い、「賢者」マリウスとして今日も生きていく。

小説家になろう  ネクストライフ  あらすじより引用

気が付けばゲームの中の世界、主人公のマリウスはこの世界の誰よりも強い力を持っている。

主人公は強いが、この世界の陰謀やラスボスをめぐる物語が飽きずに全部読めてしまう。

序盤は主人公最強だが、次第に敵の強さもインフレしていき最終戦ではかなりの苦戦をする。

けんと
序盤は主人公最強。終盤では敵も強くなり魔法バトルが楽しめる2度美味しい小説だよ!

ネクストライフ を読む!

おすすめポイント

ハーレム要素アリ

序盤は主人公最強だが、次第に敵も強くなっていく

賢者の主人公が使う魔法がかっこいい!


スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!