勘違い小説おすすめ作品を厳選紹介「8選」

勘違い系のネット小説とは、主人公が周りから勘違いを受けたり、あるいは主人公が周りのことを勘違いをしたまま物語が進む小説を言います。

主人公視点での物語の進み方と、第三者視点とのギャップがとても面白いです。

けんと
勘違い系はネット小説ではとても人気のジャンルですよ!

私が、15年間読専としてネット小説を読み続けてきたなかから、おすすめの勘違い系ネット小説をまとめて紹介します。
ネットの暇つぶしに読んでください。

スポンサーリンク

勘違い系おすすめネット小説

嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜

キーワード

勘違い、トラブルメーカー、クラン運営

概要

世界各地に存在する宝物殿とそこに眠る特殊な力の宿る宝具。富と名誉、そして力。栄光を求め、危険を顧みず宝物殿を探索するトレジャーハンター達が大暴れする時代。

幼馴染達と共に積年の夢であるハンターとなったクライは、最初の探索で六人の中で唯一自分だけ何の才能も持っていないことに気付く。

強すぎる幼馴染に守られ、後輩や他のハンターからは頼られ、目指すは英雄と強力な宝具。

果たしてクライは円満にハンターをやめる事ができるのか!?

小説家になろう  嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜  あらすじより引用

チート過ぎる仲間たちに、ハンターの腕を勘違いされ続けたクライは命の危機を感じてクランを立ち上げることでパーティーから逃れるよ。

クランを運営していても、知略が優れているとギルドから勘違いをされてしまう。

帝都最強の冒険者「 千変万化 」帝都最強のクランを作った「 神算鬼謀 」などという二つ名に対して、現実逃避をしながら、冒険者を引退するために頑張る物語。
たぶん引退できない。

けんと
何をしてもいいように勘違いされる主人公。適当にしてるつもりでも周りが勝手に勘違いして評価が上がっていくよ。

嘆きの亡霊は引退したい 〜最弱ハンターは英雄の夢を見る〜 を読む!

おすすめポイント

主人公は自分が弱いことを自覚しているのに、周りは得体の知れない強者だと勘違いしている

冒険の腕だけではなくクランを運営する者としても、ギルドから知略が優れていると勘違いをされている。

面倒ごとが嫌いで、避けているハズなのに、一番トラブルに巻き込まれるトラブルメーカー


俺は星間国家の悪徳領主!

キーワード

転生、最強、勘違い、貴族、内政、ロボット格闘

概要

リアム・セラ・バンフィールドは転生者だ。

剣と魔法のファンタジー世界に転生したのだが、その世界は宇宙進出を果たしていた。

星間国家が存在し、人型兵器や宇宙戦艦が戦うスペースオペラのような世界。

貴族たちが支配する帝国の伯爵家に転生したリアムには野望があった。

それは――悪徳領主になることだ。

前世、不幸にも全てを失い絶望の中で死んだリアム。

――善良に生きるなんて馬鹿らしい。

――好き勝手に生きてやる。

そんな気持ちを胸に、第二の人生を歩もうとするのだが、価値観の違いから名君として崇められてしまう。

リアムは無事、悪徳領主になれるのだろうか?

小説家になろう 俺は星間国家の悪徳領主 あらすじより引用

リアムは現実世界で絶望の中で死を迎える、そんな時にリアムの前に現れた「案内人」

「案内人」リアムが幸せになれるようにと、転生をさせてくれるという。

しかし、「案内人」人の絶望を糧にしているため、本当の目的は、リアムを絶望に陥れ苦しむ感情を糧にすることだった。

リアムを絶望させるためにあの手この手で邪魔をする「案内人」と、「案内人」の思惑とは裏腹に感謝をするリアムのやり取りが面白い。

リアムは、肉弾戦とロボットを用いた戦いについても最強!

けんと
いろんな勘違い要素がある小説だよ!特に「案内人」と主人公との間の勘違いが面白い!

俺は星間国家の悪徳領主! を読む!

おすすめポイント

主人公は悪徳領主を目指し、好き勝手しているつもりだが、周りからは名君と崇められてしまう

案内人(リアムを絶望させるために転生させた者)はリアムを絶望させるために、数々の企てを仕掛けるのだが、リアムはその全てを自分のことを思ってしてくれている善行だと解釈をして、感謝をするところが面白い

借金まみれの領地を両親から与えられるのだが、善政を行うことで、帝国でも屈指の貴族へと成り上がっていくという内政要素もある

主人公はロボット戦闘技能も高い


タナカの異世界成り上がり

キーワード

主人公最強、勘違い、ラノベ化

概要

成績優秀、運動神経抜群、美形でありながらちょっと鈍感な高校生|剣崎神威《けんざきかむい》は青春真っ盛りの学園生活を送っていた。

そんなある日、異世界にあるプリン王国の魔術師たちによって勇者として召喚されてしまう。

 これは様々な国難に立ち向かう異世界に召喚された勇者カムイの物語……ではなく、かの召喚に巻き込まれ異世界に放り出されてしまった若干厨二病ぎみのオッサン田中太郎(仮)の物語である。

小説家になろう  タナカの異世界成り上がり  あらすじより引用

ステータスを確認するとすべての値が 1.0e13(1兆)となっていた。

プリン王国はおろか主人公さえその値の意味を理解できなかったため、城からは追い出されてしまう。

とんでもなく最強のはずなのに、自分のステータスが赤ちゃんよりも低いのではと勘違いした主人公は、山籠もりの修行を行っていく。

中年で厨二病の主人公の、陽気で楽観的なキャラクターが面白い。

けんと
中年のオッサンが自分がめちゃくちゃ弱いと勘違いしているお話だよ。知らない間に世界の問題を解決してたりするよ!

タナカの異世界成り上がり を読む!

おすすめポイント

ステータスに体力や魔力が1.0e13と表示されているが、読めないため、自分を赤ちゃんより弱いと思っている。 1.0e13=1.0×10^13

冒険の道中に出会う仲間もキャラが濃い

正統派の勇者も召喚されているが、ぶっちぎりで主人公が強く作中での対比が面白い


オーバーロード

キーワード

人外主人公、最強、勘違い、ラノベ化、アニメ化

概要

未来に存在するVRMMO『ユグドラシル』のサービス終了の日。最強クラスのギルドの一角である『アインズ・ウール・ゴウン』のギルドマスター『モモンガ』は、メンバーと共に作り上げた居城の玉座に、臣下たるNPCたちにかしずかれながら座っていた。たった1人で、もはやいないかつての仲間達を思いながら。

そしてサービスが終わり強制ログアウトが生じるその瞬間、異変が起こった。ログアウトできず、そして何より話すことの出来ないはずのNPC達がまるで生きているかのように忠誠を示しだしたのだ。さらには外の世界は未知の世界。モモンガは混乱しながらも、絶対者(ギルドマスター)として行動を開始する。

これはアンデッドの肉体を得た絶対者たるモモンガが、己の(頭のおかしい)目的のために、異世界を蹂躙していく物語である。

小説家になろう  オーバーロード:前編  あらすじより引用

現在よりも格差が広がり、汚染された空気のせいで外に出るときはガスマスクを付けなければ難しいような歪んだ未来

そんな世界で主人公は、ユグドラシルの世界に人生のすべてをつぎ込んでいた。

現実では、彼女さえ一人もできていない主人公が、ギルドのNPCに急にかしずかれて、あたふたしたり、完ぺきな存在として背伸びをしてNPCに振るまう様子がおもしろい。

けんと
絶対的支配者としてふるまう姿と、サラリーマンとしての小心者の内面とのコントラストが面白い!

オーバーロード を読む!

おすすめポイント

臣下のNPCたちの前で、素の自分を出せば失望されると思い圧倒的な支配者として陰で演技の練習をしている様子などが面白い

もとはサラリーマンなので策謀なんてできないが、完ぺきな支配者としてボロを出さないように必死で取り繕っている様子がGOOD

主人公のレベルはカンストしているが、現地キャラのステータスは30程度、主人公が圧倒的強者な点も面白い


陰の実力者になりたくて!

キーワード

最強主人公、勘違い、ラノベ化

概要

どこにでもいる平凡な少年は、異世界で最高峰の魔剣士だった。

彼の名はシド。

『陰の実力者』に憧れる転生者である。

彼は実力を隠して学園に入学し、理想の『陰の実力者』になるため暗躍する。

これは、おバカな夢を真面目に叶えようとする少年の物語。

小説家になろう  陰の実力者になりたくて!  あらすじより引用

異世界に転生をした主人公は、自分の理想とする陰の実力者になるために、空想上の「闇の組織の存在」や「世界の真の姿」を口にする。

しかし、その全てが現実だった

主人公が適当にすることのすべてを周りが勝手に勘違いしたり、現実として存在してしまったりすることで、主人公は本当の「陰の実力者」になっていく。

けんと
陰の実力者を目指している主人公が、自分の妄想を口にするたびに、それが現実に起こっていく様子が面白いよ!

陰の実力者になりたくて! を読む!

おすすめポイント

主人公はかなり、ゆるーく陰の実力者になろうとしているが、周りは勘違いをしてガッチガチに活動している

主人公は適当に行動するが、偶然が積み重なって周りから勘違いをされる

主人公は戦闘能力がかなり強い


かき集めた部員が超次元な奴ばかりだった件について

キーワード

オリ主

概要

主人公はモテたいがためにサッカー部に入りたかった。

学校にサッカー部が無かったため、部員を集めてサッカー部を作るのだが、主人公は知らなかった、超次元サッカーの恐ろしさを・・・

キャプテンでGKの主人公は周りからの尊敬のまなざしから、地獄のような練習を死に物狂いで乗り越え、炎をまとったボールを手を折りながら止めるのだった。

けんと
チームメイトからの評価が高すぎて、弱音を吐けなくなったため、やせ我慢している様子が面白いよ!

かき集めた部員が超次元な奴ばかりだった件について を読む!

おすすめポイント

普通のサッカーがしたくて、サッカー部を作ったのだが、気が付けば部員は天才ばかり

主人公があの手この手で練習を休もうとするがそのたびに勘違いされて尊敬される

対戦相手の超次元シュートを手を砕きながらも満身創痍でボールを止める

自分の中の悪魔の存在に気付き次第に強キャラになっていく


ハルジオン~口だけ野郎一代記~

キーワード

勘違い、最低系主人公

概要

春風紫苑は己を愛している。否、己しか愛していない。

己を良く見せることにだけ全霊を注ぎ、全力で口車を回している。

その結果として僕っ娘メンヘラやメンヘラロリに目をつけられるのだが、口車は止らない。

これは自業自得の物語である――――そこには一切同情すべき点は無い。

膨れ上がる虚像、加速するメンヘラ。さあ、道化芝居を始めよう!

小説家になろう  ハルジオン~口だけ野郎一代記~  あらすじより引用

自らの保身と体裁を何よりも大切にする主人公は、自らの将来のキャリアのために冒険者学校に入学をする。

自分の命が危険になれば簡単に仲間を切り捨てるが、体裁を整えるために、周りには美辞麗句で塗りめた嘘を伝える。

その結果、聖人として虚像が独り歩きし、より一層トラブルが舞い込んでくる

周りを見下し、嘘を付き続ける主人公と、主人公に突っ込み続ける辛辣な地の文が面白い。

勘違い物が好きな方は絶対に読むべき!!

けんと
クズな主人公の内面とは裏腹に周りからの評価がうなぎ上りになっていく。その反面、主人公が望んでもいない厄介事に巻き込まれていく様子が面白い!

ハルジオン~口だけ野郎一代記~ を読む!

おすすめポイント

内心は保身しかないが表に出すのは聖人そのもの

自分から勘違いをさせていく主人公

死にそうになったらまず他人を犠牲にして生き残ろうとするほどのクズ

ヤンデレヒロインハーレムが出来上がっていくことにも心底嫌がっているが、自業自得過ぎて面白い

主人公の外道な行動に突っ込んでいく地の文も痛快で面白い


片田舎のおっさん、剣聖になる ~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~

キーワード

勘違い、ハーレム、剣術

概要

【一言で分かるあらすじ】

自身の強さに無自覚なおっさんが、元弟子たちになんやかんや持ち上げられて活躍しちゃってだんだんと名声と評価を得ていくお話。

【ちゃんとしたあらすじ】

ベリル・ガーデナントは、レベリス王国の片田舎に道場を構えるしがない剣術師範である。

自分の強さに気持ちの折り合いを付け、のんびりと田舎生活を過ごしていた。

だが、元弟子の一人であるアリューシアが突如訪ねて来て、ベリルを騎士団付きの特別指南役に推薦したと伝えられてから生活は一変する。

騎士団長、最上位冒険者、魔法師団のエースなどなど、とんでもない大物に大成した元弟子たちと久々の再会を果たすわ、実家である道場からは追い出されるわ、指南役以上の依頼が次々に舞い込んでくるわで激動の日々。

そして、こんな自分を慕ってくる元弟子たちに嬉しく感じながらも、大して強くもない自分とは不釣り合いだと謙遜を重ねるベリル。

しかし本人が気付いていないだけで、ベリルは類い稀な才能の持ち主であった。

自分の力に無自覚なベリルは、彼の力を知っている弟子たちに囲まれながら、徐々にその力を世界に知らしめていく。特に自覚のないまま。

小説家になろう  片田舎のおっさん、剣聖になる ~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~

剣術をかなり極めていたはずの主人公だったが、山奥の道場にこもっていたため自分の実力を知らない

弟子たちが慕ってくれているが、弱い自分には不釣り合いだと謙遜していた。

しかし、ベリルは騎士団の指南役に抜擢される。

王都で過ごすうちにベリルの強さが浮き彫りになっていく。

ホントは強いのに、自分の事を弱いと勘違いしている主人公が好きな人におすすめ。

強い弟子に囲まれて、主人公の評判がどんどん上がっていく様子もおもしろい。

けんと
勘違い要素だったり、強い弟子に慕われていたりと、好みドンピシャの要素!

片田舎のおっさん、剣聖になる ~ただの田舎の剣術師範だったのに、大成した弟子たちが俺を放ってくれない件~ を読む!

おすすめポイント

ホントは強い主人公だけど、自分が大して強くないと勘違いしている

とんでもない大物の弟子がおり、周りから一目置かれる

嫁探しのために王都に留まることになる

最強で美女の弟子たちに囲まれるハーレム要素アリ

スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!