宇宙SF小説おすすめ作品をまとめて紹介!!「小説家になろう」

未来のSF世界、それも宇宙を舞台にした話はロマンを感じずにはいられませんよね。

けんと
宇宙っていうだけでワクワクしますよね。SFは大好物です!

まだ見ぬ未来の技術や社会、あるいは戦争

そんな、宇宙物のおすすめSFネット小説をまとめて紹介します。

ネットの暇つぶしに読んでみてくださいね

スポンサーリンク

おすすめ宇宙SFネット小説まとめ

III count Dead END 

キーワード

転生、ロボット、スキル、傭兵

概要

アーマード・ウォーカーに乗りたくて傭兵になりました。

そんなおバカな転生者が小さなギフトを使って日々戦ったり護衛したり買い物したりしていた。だがある日多額のボーナスに惹かれて受けた依頼。それが彼の運命を徐々に変えて行く。

そんな中転生者は一言呟く。

「昔のネタが全然通じねえよ」

小説家になろう  III count Dead END  あらすじより引用

死にたがりが乗るロボットアーマード・ウォーカーに乗るために、戦場に出て敵を倒しまくるロマンあふれる主人公。

超未来で誰も知らないのに、アニメネタや2chの小ネタを挟むのが面白いよ。ハードボイルドとコメディーの塩梅が絶妙で超面白い。

おすすめポイント

普段へらへらしてるのに、戦闘になると超エース級

シリアスな場面と、コメディーの場面の塩梅が完璧で飽きない

周りのキャラも個性的で、主人公との掛け合いが面白い


僕と彼女と実弾兵器(アンティーク)

キーワード

転生?、未来、艦隊戦、情報戦、企業経営、戦争

概要

孤独な宇宙船の中で見つけた謎の装置によって、BISHOPと呼ばれる電脳プログラム技術を身に着けた主人公。21世紀の常識を持つ彼が、妙に俗的な人工知能ロボットや、金にがめついメカニック少女、童貞仲間や賞金稼ぎといったクセのある仲間と共に、目指すは銀河の遥か故郷、太陽系第三惑星は地球。

何をするにもまずは資金と、コープ(会社組織)を立ち上げ会社経営。大人のおもちゃの運送会社が、銀河規模での大戦争へ。

小説家になろう  僕と彼女と実弾兵器(アンティーク) あらすじより引用

人間が宇宙に住むことが当たり前の世界、食べ物さえも機械から生み出すような超技術が存在する。

そんな世界だからこそ、地球での技術は失われていた。

現代の地球での知識を活用して、超未来で活躍する姿が面白い。

おすすめポイント

主人公は伝説上の存在である地球を探すが、調べるたびに新たな謎が生まれてきて思わず読み進めてしまう

食べ物を機械から生み出すため、酪農や畜産、農業等の地球での技術が逆にチートになる様子が面白い

コメディーとシリアスが明確に分かれていてどちらも面白い

バトルシーンは、毎回手に汗握るハラハラの展開なっており夢中になる


俺は星間国家の悪徳領主!

キーワード

転生、勘違い、チート、最強、ロボット、内政

概要

リアム・セラ・バンフィールドは転生者だ。

剣と魔法のファンタジー世界に転生したのだが、その世界は宇宙進出を果たしていた。

星間国家が存在し、人型兵器や宇宙戦艦が戦うスペースオペラのような世界。

貴族たちが支配する帝国の伯爵家に転生したリアムには野望があった。

それは――悪徳領主になることだ。

前世、不幸にも全てを失い絶望の中で死んだリアム。

――善良に生きるなんて馬鹿らしい。

――好き勝手に生きてやる。

そんな気持ちを胸に、第二の人生を歩もうとするのだが、価値観の違いから名君として崇められてしまう。

リアムは無事、悪徳領主になれるのだろうか?

小説家になろう 俺は星間国家の悪徳領主! あらすじより引用

銀河をまたにかける帝国が舞台。

主人公は帝国の領主として君臨する。

超未来の貴族は、プライベートの星に自分だけのリゾートを作ったりと、贅沢が桁違い。

主人公が、現代の価値観から贅沢三昧をしようとするが、私欲のない領主だと崇められてしまう

戦闘が得意な主人公は、単身で海賊を滅ぼしていまうほど、バトルシーンはロボットが活躍する

おすすめポイント

修行をしすぎて、生身でもロボットでも最強だよ。

借金とボロボロの領土を親から押し付けられるけど、善政を敷き成り上がっていくよ。

周りから蔑まれてもすべてを返り討ちにしていくさまがスカッとする。


宇宙船をもらった男、もらったのは星だった!?

キーワード

宇宙船、日本と交渉、宇宙の敵から地球を守る

概要

俺は、検査偽装の濡れ衣を着せられ、会社を辞めた30代前半の男だ。それが、どういうわけか宇宙船の艦長にスカウトされてしまった。しかもその宇宙船、地球よりも大きな巨大宇宙船だった。

この物語は、いきなり超巨大宇宙船の艦長になってしまった山田圭一(ヤマダケイイチ)が、時に日本政府と交渉し、時にまったり生活し、最後に宇宙の危機を救ったりする物語である。 たぶん。

小説家になろう  宇宙船をもらった男、もらったのは星だった!?  あらすじより引用

急に宇宙艦隊の所有者となった主人公が、日本政府と交渉したり、宇宙の敵対生命体と戦ったりする小説だよ。

おすすめポイント

超未来の技術の詰まった宇宙船の所有者となるよ

地球では日本とだけ交渉し、かなりの日本びいきとなっているよ

敵対宇宙生命体から逃げてきた設定となっているから、今後宇宙の平和を救ったりしそう


スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!